手毬ならてんてまり

手毬
伊香保観光名所 民芸品 郷土玩具 手毬 店舗案内 お問い合わせ リンク集 てんてまりTOP
てんてまりTOP
極彩色の花、手毬

手毬について

   
手毬は江戸時代の中頃から木綿の糸が一般民衆にも手軽に手に入るようになり、子供の遊び道具として家庭で手毬が作られ始めたと言われています。手毬は木綿の糸を染め、5色の糸をつくり上げていきます。手毬は、女の子の遊び道具としてだけでなく、ひなの節句にその美しさ、可愛らしさから飾られてきました。ところが第二次世界大戦後、手毬はおもちゃとしてほとんど用いられなくなってしまいました。

手毬イメージ小さな頃「手毬歌」を歌いながらボールをついた思い出があると思います。それは、江戸時代中頃から遊び道具として親しまれてきた木綿の糸で彩られた『手毬』をついて遊んだときからの名残です。小さなお子様のおられる方も、昔を懐かしまれる方も是非色とりどりに彩られた『手毬』と温かみを手にしてみては如何でしょうか。是非当店の手毬をどうぞ。伊香保への観光に訪れた際は、是非当店で懐かしい郷土玩具の暖かみに触れていって下さい。日本人の忘れてしまった気持ちを、もう一度取り戻せるでしょう。
手毬イメージ1

4寸

2,100円
8寸
8,400円
3.5寸
1,575円
7寸
6,300円
3寸
1,260円
6寸
5,250円
2.5寸
840円
5寸
3,150円
4.5寸
2,730円
手毬1.5寸
2寸
525円
1.5寸
315円
1寸
210円

手毬ミニ
ミニ
158円
ご購入はこちら